ED(勃起不全・インポ)症状の原因と対策法|改善・治療薬通販
医薬品の検索

ED(勃起不全)

男性機能障害のひとつで、陰茎の勃起が不十分もしくは維持できず、満足なセックスができない状態をいいます。

かつてはドイツ語Impotenzより「インポテンツ(インポ)」と呼ばれていた症状です。
現在ではその定義が、性的機能障害(性欲・勃起・性交・射精・極致感)のいずれかに相当する症状を指すようになりました。
そのため、日本国内では正確な表現として、一般的に「ED(勃起不全)」という呼称が定着しつつあります。
※英語Erectile Disfunction〔エレクタイル ディスファンクション〕の略

症状

悩み まずご自身に問いかけてみてください。「近頃、満足なセックスができていますか?」
「満足感は十分とは言えないけど、とりあえず勃起してるから・・・」などと思った方は要注意です。

実は、勃起しているからEDではないとは限りません。
勃起しても十分な硬さにならない、持続時間がとても短い。etc・・・
勃起が困難であること、勃起の硬度不足も診断基準となります。
挿入しても途中で陰茎がやわらかくなってしまう、いわゆる「中折れ」もEDに該当する症状です。

他にも「いつもではないけどたまに勃起しない時がある」「なんとなく切れ味が悪い」など、勃起についてちょっとした変化はありませんか? まずは「ちょっとした不満」「ちょっとした不安」、その原因を確かめてみることから始めてみましょう。

原因

器質性 年齢と共に多く発症するのがこのタイプです。
血液の循環が悪くなる動脈硬化は、EDとの関連性も深く、主な原因といえます。

正常な勃起は、性的刺激があった時に脳からのシグナルをうけ、神経を仲介して陰茎に伝達され、陰茎海綿体の動脈を拡張し血液が流れ込むことによって成立します。動脈硬化で血管が拡がらない、血流が悪くなるといった状態なると、結果的に勃起しづらくなるというわけです。

糖尿病や高血圧など生活習慣病の方がEDを引き起こしやすいのも、それらの症状が血管に負担をかけているからと考えらます。血管以外にも神経にかかわる病気(脳出血、脳外傷、アルツハイマー病など)や泌尿器系の病気(前立腺肥大症など)を患っていても、EDになりやすい状況に陥りがちです。
心因性 EDはカラダの不調だけではなく、ココロの不調も原因になりやすいことをご存じでしょうか。

精神的なストレスがあると、性的な刺激や興奮を陰茎に伝達する神経が正常に機能しないことがあります。喩えて言うならば、ネット回線の不具合のようなものでしょうか。つなげようという意思はあるのに、見えない障害が妨げているのです。
仕事や夫婦関係などの日常生活におけるストレスや、たまたまセックスがうまくいかなかったことをトラウマに感じるなど、その要因はさまざまです。

近年、20代30代といった若い世代の方でもEDの傾向がある方が増えているのは、ストレス社会が直接原因といっても過言ではないでしょう。 混合性 悩み 器質性EDと心因性EDが混在している状態です。

EDを患っている方は、器質的なことや心因的なことだけが原因ではなく、どちらの原因もあわさった症状である方が非常に多いのが現状です。
特に生活習慣病にかかわる病気や外傷があった場合に、精神的な負担も大きくなると言われています。 薬剤性 現在服用している薬の副作用としてED症状が現われている場合があります。
解熱・消炎鎮痛剤・抗不安薬など中枢神経に作用するもの、末梢神経や消化管に作用する麻酔薬・抗コリン薬・鎮けい薬などを服用されている方で、勃起維持に不調がある方は、薬剤性EDの可能性が考えられます。
循環器系に作用する降圧剤・血管拡張剤なども、それに該当する薬剤です。

対策と改善方法

ED(勃起不全)の治療には、局所血流量を増大させる作用があるPDE-5阻害剤が有効です。
世界で初めて開発されたPDE-5阻害剤は、言わずと知れたバイアグラですが、その主成分として配合されているシルデナフィルを始め、バルデナフィル、タダラフィル、アバナフィルがEDに有効な成分としてその治療に貢献しています。

三大ED治療薬 PDE〔ホスホジエステラーゼ〕は、酵素活性のバランスによって濃度を調節し、シグナル伝達を行なっています。中でもタイプ5は、陰茎海綿体や肺組織にたくさん存在する酵素といわれています。

そもそも勃起は、性的な刺激や興奮による現象です。エッチなことを考えたり妄想したり、もしくは物理的な刺激を受けると、陰茎の神経や血管内皮から一酸化窒素〔NO〕が放出され、cGMP〔サイクリックGMP〕という物質をふやし、血流促進されて勃起にいたります。

陰茎海綿体に存在するPDE-5という酵素は、cGMPを分解する働きがあります。 PDE-5が酵素活性化する原因はさまざまですが、その活動により勃起に必要なcGMPが消えてしまい、正常な状態を保つことができなくなるのです。

PDE-5の酵素活性化を阻む役割を担うのが、ED治療薬の4種類の成分。PDE-5の働きを阻害し平滑筋を弛緩させ、局所的な血液量を増やすことができます。 その働きこそが、ED治療薬が「PDE-5阻害剤」とよばれる所以です。

PDE-5阻害剤を服用することで、陰茎の血流改善作用を促し、満足なセックスを行なうために必要な勃起力の回復へと導きます。その働きこそが、ED治療薬が「PDE-5阻害剤」とよばれる所以です。
その働きこそが、ED治療薬が「PDE-5阻害剤」とよばれる所以です。

余談ですがEDは早漏も併発することが珍しくありません。軽度の早漏であれば上記のPDE-5阻害剤で改善できますが、もし確実な効果をお求めであれば、射精までの時間を延ばす成分ダポキセチンの配合された早漏改善・防止薬がオススメです。

ED治療薬の種類と効果

ED治療薬〔PDE-5阻害剤〕は、4種類の主な有効成分で製造開発されています。
それぞれに特色があり、EDの症状、個々の状況、個人的な好みなどをふまえて選ぶことができます。 またそれぞれにジェネリック医薬品もあり、同等の効果で先発薬に比べてかなり格安で治療することも可能です。
ED治療薬効果一覧
先発薬 維持力 持続性 即効性 食事の
影響
ポイント
バイアグラバイアグラ 鋭い勃起力と切れ味の良さが人気の最強ED治療薬。先発薬であるバイアグラの知名度は世界レベル。
〔代表的なバイアグラジェネリック
カマグラの詳細を見る
レビトラレビトラ シルデナフィルの服用時の弱点を補ったED治療薬。即効性に優れているため、需要が高い。
〔代表的なレビトラジェリック
バリフの詳細を見る
シアリスシアリス 最長36時間の長時間作用と食事の影響がないことが魅力。世界シェアNo1を誇るED治療薬。
〔代表的なシアリスジェネリック
メガリスの詳細を見る
ステンドラステンドラ 第4のPDE-5阻害剤として開発。日本国内では未承認ながらも効果の総合力で知る人ぞ知るED治療薬。
〔代表的なステンドラジェネリック〕
アバナの詳細を見る

副作用を緩和するには

水 ED治療に有効なPDE-5阻害剤は、血管拡張し血流をよくすることで勃起維持を改善する働きがあります。その治療効果は絶大で、いずれも非常によく効く治療薬なのですが、一方では副作用の度合いも気に掛かるところです。

そうして血流改善することで考えられる主な副作用は、頭痛、鼻炎、ほてり、目の充血などがあげられています。

我慢ができないほどに強い副作用を感じる、つらい症状が継続することはほとんどないので過度に心配しすぎることはありません。多くは一時的な症状で、時間の経過や薬の効力が弱まるとともに軽減される症状ですが、薬の忍容性には個人差があり、他人と比べようがありません。

例えば、頭痛が気になってセックスに集中できないということであれば、市販の頭痛薬を服用するなどの対処法でのりきることができます。

服用する治療薬については、それぞれに副作用や併用禁忌薬などの注意書きが存在します。 それらを服用前に確認も必ずおこなうようにしましょう。 効果が強い成分は、それだけ副作用の症状がでる可能性もあります。
副作用が強いとご自身が感じる場合は、服用した薬の成分含有量がカラダにあっていない可能性を考え、服用量を減らしてみましょう。

例えば、「バイアグラ100mg」を服用し、セックスに集中できないほどの頭痛にみまわれたとします。その際には、1錠そのまま服用せず、ピルカッターなどで錠剤を半分にカットして、50mgを服用してみてください。半錠にカットして丁度よい使い心地であれば、価格面ではコスト削減というメリットにもなります。
強いと感じる副作用の症状を抑えるには、まずは薬を過剰に服用しないということが大切です。 ご自身にあった含有量を知り、調節しましょう。 他の薬を試す 薬 先の項目でもご紹介のとおり、ED治療薬(PDE-5阻害剤)は、4種類の成分があります。それぞれに特徴があり、効果発現にもやはり個人差があります。

シルデナフィル成分では効果が強すぎて副作用もつらかった、という場合には、タダラフィル成分の治療薬を試してみるなど、ご自身にあった治療薬を探してみるのも対処法のひとつです。 薬通販には、複数の種類がお試しできるセットなども取り扱っています。 ED治療薬を初めて服用される方には、そういったセット商品を活用されるものよい方法でしょう。

購入方法

医師 医師の処方 日本国内でED(勃起不全)の診断を受けるには、専門医院もしくは泌尿器科などがあげられます。

心配されるのはやはり費用面でしょう。 ED症状が軽度であれば、治療薬代(1錠あたり1,500円~2,000円)の費用とされています。 ただ受診される方すべてに治療薬のみの診断をされるわけではありません。
満足のいく性行為ができるよう勃起力を回復するために、当然、医師の立場からすれば、早急な治療のお話をなさることでしょう。
海綿体自己注射で1回5,000円相当が相場です。数千円程度ですむ治療から数十万円の費用を要する外科手術など治療のランクも幅広くあります。

ちなみに、PDE-5阻害剤は、ED治療のみに適応した治療薬ではありません。 例えば、前立腺肥大症の治療を目的として処方される場合は、保険適用になることもあります。

しかしながら、ED(勃起不全)という診断であれば、保険適用外となってしまい、支払は自費の自由診療扱いとなってしまいます。 何らかの疾患と診断されるのであれば、保険適用されるかもという可能性は確かにありますが、ほとんどの場合は保険適用外であることを知っておきましょう。 薬局・ドラッグストア ED治療薬(PDE-5阻害剤)は、薬局・ドラッグストアなどでの取り扱いはありません。
日本国内では、医師の処方がなければ、購入することができない治療薬となっています。 市販の薬で治療を試みるとすれば、催淫効果のあるサプリメントなどの代用でおすすめされるケースも中にはあるようです。
通販購入 実は、日本国内未承認の医薬品であっても、海外で購入できる場合があります。 インターネットでの買い物が普及した昨今、これらの医薬品においても、通販を利用される方が増えてきています。

特にED(勃起不全)という症状は、病院にいくにも恥ずかしい、誰にも知られずに治療したいという方も多いものです。 バイアグラやシアリスなどのED治療薬は、医師の処方箋がなくても個人輸入可能な医薬品となっています。
診断の手間も省け、必要な治療薬のみを選んで格安で購入できることから、たいへん需要があります。

海外でのネットショッピングに不安のある方には、薬事法に定められているルールに基づき運用されている海外医薬品個人輸入代行サイトのご利用をオススメします。

サイト内表記はもちろん、お問い合わせ窓口も日本語対応のおくすり購買部をぜひご利用ください。正規品100%保証で、安全安心にお買い上げ商品をお届けいたします。
TOPに戻る