医薬品の検索

エラ(5日以内)

1件のレビュー

エラ(5日以内) エラ(5日以内)
効果効能 性行為後の緊急避妊
有効成分 ウリプリスタール酢酸エステル
内容量 1錠
メーカー Abdi ibrahim

エラ(5日以内)

個数選択 定価 販売価格 購入
1錠 1錠
1錠 ¥5,500 ¥5,500 ¥4,950 ¥4,950 カートに入れる
2錠 ¥5,500 ¥11,000 ¥4,455 ¥8,910 カートに入れる
3錠 ¥5,500 ¥16,500 ¥3,960 ¥11,880 カートに入れる

エラ(5日以内)の詳細

エラはトルコの大手製薬会社Abdi ibrahimから、エラワンのジェネリック医薬品として開発されたアフターピル(緊急避妊薬)です。先発薬エラワンと同じ成分、効果を持つため、ノルレボと並んで世界的に利用されている避妊薬の一つです。

120時間以内の服用で、避妊具が破けた、あるいは付け忘れた、合意のない性交を強いられた、などによる望まない妊娠を回避することができます。
ノルレボ錠は72時間(3日)以内の服用が必要とされていますが、対してエラは5日以内の服用と使用可能な時間が長くなっています。
そのため日頃の避妊対策に加えて、緊急時に備えて持つ女性は少なくありません。

有効成分ウリプリスタール酢酸エステルは抗黄体ホルモンの一種で、3つの器官に作用して受精しにくい子宮環境を作り妊娠を阻害します。
1つは卵巣の黄体ホルモンの分泌を抑え、LHサージという排卵を促す活動を停止させ排卵の抑止や遅延をもたらします。同時に子宮頚管内の粘液を変化させ、精子の侵入を阻害し卵子との受精ができない状態を作ります。

また子宮内膜の肥厚を止め、受精卵の着床そのものを防ぎます。これらの作用により、エラを服用する前に排卵や受精がされていても、妊娠に必要な排卵・受精・着床すべての過程を阻害することで安定した避妊効果が得られます。

アフターピルは強いホルモン剤の投与で、一時的にホルモンバランスを崩し避妊する薬です。常用することで体への負担も大きくかかりますので、定期的な服用はしないでください。

用法用量を守っていれば、あくまで限定的な作用ですので不妊症を引き起こす心配はありません。

避妊が成功した時のサインとして、服用から早くて3日~遅くても21日後に不正出血が起こります。
21日を過ぎても消退出血がなく、服用から次の月経予定日を1週間すぎても出血がない場合は妊娠していることも考えられます。反対に出血が止まらない場合も何らかの異常が起こっている可能性がありますので、医療機関の検査を受けてください。

その他避妊薬ピルのご購入はコチラ
アフターピル(緊急避妊)

避妊に関するお悩みを解決〔避妊の悩み
有効成分
ウリプリスタール酢酸エステル
効果効能
性行為後の緊急避妊
用法
1回1錠、性交後120時間以内に、コップ1杯の水かぬるま湯で経口服用します。

早く飲むほどアフターピルの避妊成功率は上がります。
120時間以内の服用が推奨されていますが、時間が経つほど妊娠のリスクは高まりますので、避妊に失敗したらできるだけ時間を空けず飲みましょう。

服用して3時間経たない内に吐いてしまった場合は、成分が吸収されず避妊できていない可能性があるため、もう一度服用しなければいけません。

嘔吐による再服用を防ぐために、飲む前に軽食を取るのも良い方法です。
副作用の吐き気は空腹時に起こりやすいという報告があります。
逆に食べ過ぎた状態で服用しても吐き気や腹痛を起こしやすくなりますので、適度な飲食の後にピルを飲みましょう。

服用時は、グレープフルーツとの併用は避けてください。
グレープフルーツの成分フラノクマリンは体内の代謝酵素を抑制する働きを持ちます。

代謝酵素が働かないことで薬の成分が必要以上に体内に残ってしまうため、思わぬ副作用を招く危険があります。
生のグレープフルーツだけではなく、ジュースや料理などフラノクマリンが含まれているものでも同様のリスクがありますのでご注意ください。

エラは元々強いホルモン剤が含まれているため、吐き気や頭痛、腹痛などが強く出てしまう可能性があります。
副作用
腹痛、吐き気、下痢、頭痛、めまい、眠気、倦怠感など

エラは従来のアフターピルより副作用が弱いと言われています。
一番出やすいと言われている症状は吐き気で、次いで頭痛が報告されています。
副作用が出る理由は、抗黄体ホルモンであるウリプリスタール酢酸エステルが体内に入ることで、一時的にホルモンバランスが崩れるためです。

緊急避妊ピルは常用するものではありませんので、副作用もあくまで一時的なものです。
時間が経てば治まってくることがほとんどです。
空腹状態で服用するよりも、適度な食事をすることで副作用を軽減できます。
飲んでから3日を過ぎても重い症状に悩まされる場合は、ただちに医師の診察を受けてください。

喫煙していると、タバコのニコチンによる作用で全身の血管が収縮し、循環機能が低下し頭痛を引き起こしやすくなります。
同様に血栓もできやすくなるため、服用する時は喫煙しないようにしましょう。
血栓症のリスクを低減させるために、血液を浄化し血管を修復する効果を持つクリルオイルを併用する女性も少なくありません。

アフターピルを服用すると、3日から21日の間に不正出血があります。
これは消退出血と言い、副作用ではなく緊急避妊に成功すると起こるものです。
ピルの有効成分ウリプリスタール酢酸エステルによって子宮内膜が剥がされた結果排出されるものですが、不安な方は早期妊娠検査薬などで早めに確認するのも良いでしょう。
注意事項
【併用禁忌】
・CYP3A4阻害薬(イトラコナゾール、ケトコナゾールなど)
・肝酵素誘導作用のある薬剤
・抗凝固剤
・フェニンジオン
・ワルファリン

【併用注意】
・精神安定剤(ブタバルビタール、セコバルビタール、ペントバルビタール、フェノバルビタール)
・発作薬(カルバマゼピン、フェルバメート、オクスカルバゼピン、フェニトイン)
・バルビツール酸製剤
・ボセンタン
・グリセオフルビン
・リファンピン
・セイヨウオトギリソウ含有食品
・トピラマート(トピラメート)
・他のホルモン避妊薬
・ビタミンCの過剰摂取

【服用禁止】
・妊娠または妊娠している可能性のある女性
・肝臓に重篤な障害のある方
・過去にエラワンに含まれる成分でアレルギー反応を経験したことがある方

【服用注意】
・授乳中の女性は、服用後24時間は授乳を避けてください
・心臓病や腎臓病の方、または既往歴のある方
・肝臓に障害のある方
ご注文の際は、必ず当サイトの利用規約をご確認・ご理解、同意の上ご注文ください。当サイトに掲載されている各商品の詳細、有効成分、効果効能、用法、副作用、注意事項等の各種情報は、商品説明書や一般的な情報を記載したものです。正しい情報を提供するよう努めておりますが、その内容を保証するものではありません。当サイトに掲載されている商品を実際に注文・使用する際には、医師など専門家にご相談の上、ご自身の判断・責任で注文・使用してください。

エラ(5日以内) 購入者の声レビュー投稿

  • 満足度★★★★★34歳 女性

    高いですが、やっぱり5日間猶予があるのは強いですね。アイピルとどっちがいいか分からなくて両方買いつつも、ずっと放置していましたが、彼氏との旅行で避妊に失敗した時帰宅後急いで飲んで無事に避妊できました。旅行が4日間だったのでアイピルだと間に合いませんでした。コスパ的にはアイピルの方が高いので、エラは本当にやばい時用にして持ち歩く用にアイピルを使おうかと思います。
レビューを投稿する

商品名

満足度

性別

年齢

レビュー内容

商品の在庫や配送に関するお問い合わせはこちらよりお願いします。ここで送信されたことに対しての返信は出来ませんので予めご了承下さい。
※商品の効果、副作用、使用方法などに関しては、薬事法の関係でお答え出来ませんので合わせてご了承下さい。
TOPに戻る