重要なお知らせ

パロキセチン(パキシル)

パロキセチン(パキシル) パロキセチン(パキシル)
効果効能 うつ病、パニック障害、PTSDの治療
有効成分 パロキセチン塩酸塩水和物
内容量 30錠~60錠(成分量により異なる)
メーカー Zydus Pharmaceuticals USA Inc

パロキセチン(パキシル)の詳細

パロキセチンは、Zydus Pharmaceuticals USA Incが開発したパキシルのジェネリック医薬品で、不安や緊張を和らげ気分を楽にする抗うつ薬です。

主成分のパロキセチン塩酸塩水和物が脳内の神経伝達物質セロトニンの濃度を高めることにより、気分を楽にする作用があります。
うつ病は脳内の神経伝達機関シナプスにおいて、セロトニン濃度が低下している状態で起こると言われております。
主成分パロキセチン塩酸塩水和物がこのセロトニン濃度を高め神経伝達を改善し気分を楽にすることで、うつ病改善の効果を期待することができます。

同様の効果をもつ医薬品には他にもレクサプロジェイゾロフト等がありますが、パキシルは強迫性障害や社会不安障害にも効果があるなど、様々な病気に幅広く利用されています。
有効成分
パロキセチン塩酸塩水和物
効果効能
うつ病、パニック障害、PTSDの治療
用法
【うつ病・うつ状態】
1日1回夕食後に20mg~40mgを経口服用します。
最初は10mgより開始し、症状により1日40mgを超えない範囲で増減します。

【パニック障害】
1日1回夕食後に20mgを経口服用します。
最初は10mgより開始し、症状により1日40mgを超えない範囲で増減します。

【強迫性障害】
1日1回夕食後に40mgを経口服用します。
最初は20mgより開始し、症状により1日50mgを超えない範囲で増減します。

【社会不安障害・PTSD】
1日1回夕食後に20mgを経口服用します。
最初は10mgより開始し、症状により1日40mgを超えない範囲で増減します。
副作用
吐き気、食欲不振、口の渇き、下痢、便秘、眠気、めまいなど
注意事項
【併用禁忌】
 ・MAO阻害剤
 ・セレギリン塩酸塩
 ・エフピー
 ・ピモジド
 ・オーラップ

【併用注意】
 ・セロトニン作用を有する薬剤
 ・炭酸リチウム
 ・選択的セロトニン再取り込み阻害剤
 ・トリプタン系薬剤(スマトリプタン等)
 ・セロトニン前駆物質含有製剤又は食品等
 ・トラマドール
 ・フェンタニル
 ・リネゾリド
 ・セイヨウオトギリソウ含有食品等
 ・フェノチアジン系抗精神病剤
 ・ペルフェナジン
 ・リスペリドン
 ・三環系抗うつ剤
 ・アミトリプチリン塩酸塩
 ・ノルトリプチリン塩酸塩
 ・イミプラミン塩酸塩
 ・抗不整脈剤
 ・プロパフェノン塩酸塩
 ・フレカイニド酢酸塩
 ・β-遮断剤
 ・チモロールマレイン酸塩
 ・メトプロロール酒石酸塩
 ・アトモキセチン
 ・タモキシフェン
 ・キニジン
 ・シメチジン
 ・フェニトイン
 ・フェノバルビタール
 ・カルバマゼピン
 ・リファンピシン
 ・ホスアンプレナビルとリトナビルの併用時
 ・ワルファリン
 ・ジゴキシン
 ・止血・血液凝固を阻害する薬剤
 ・抗炎症剤、アスピリン、ワルファリン等
 ・出血症状の報告のある薬剤
 ・フェノチアジン系抗精神病剤、非定型抗精神病剤、三環系抗うつ剤等
 ・アルコール(飲酒)
当サイトに掲載されている各医薬品の詳細、有効成分、効果効能、用法、副作用、注意事項等の各種情報は、医薬品説明書や一般的な情報を記載したものです。正しい情報を提供するよう努めておりますが、その内容を保証するものではありません。当サイトに掲載されている医薬品を実際に注文・使用する際には、医師など専門家にご相談の上、ご自身の判断・責任で注文・使用してください。

パロキセチン(パキシル) 購入者の声レビュー投稿

まだレビューはありません。

レビューを投稿する

商品名

満足度

性別

年齢

レビュー内容

TOPに戻る