重要なお知らせ

コビックス(セレコックス)

1件のレビュー

コビックス(セレコックス) コビックス(セレコックス)
効果効能 手術、外傷、抜歯後の消炎・鎮痛
有効成分 セレコキシブ
内容量 30錠
メーカー シプラ

コビックス(セレコックス)の詳細

コビックスは、シプラ社が開発したセレコックスのジェネリック医薬品で、炎症や痛みを和らげる消炎・鎮痛剤です。

主成分セレコキシブが炎症・発熱を引き起こす原因となる酵素(シクロオキシゲナーゼ)を阻害することにより、炎症を鎮め腫れや痛みなどの症状を抑えます。

その作用により、手術後や外傷後、抜歯後の消炎・鎮痛で利用されることで有名です。その他にも関節リウマチ、腱鞘炎などの消炎・鎮痛に利用されています。

主成分セレコキシブは新しいタイプの鎮痛薬です。
その最大の特徴は副作用の少なさで、研究の結果、他の鎮痛剤によくある消化管への影響がセレコキシブの場合は少ないことが判明しています。

他の鎮痛薬よりも炎症を抑える作用が強いため、炎症を抑えたい場合はアスピリン等よりもこちらの方がおすすめです。
有効成分
セレコキシブ
効果効能
手術、外傷、抜歯後の消炎・鎮痛
用法
通常1日2回100mgを朝・夕食後に経口服用します。
手術後、外傷後、抜歯後の消炎・鎮痛目的の場合は、1日2回200mgを朝・夕食後に経口服用します。
副作用
腹痛、吐き気、下痢、口内炎など
注意事項
【併用注意】
 ・ACE阻害剤(エナラプリルマレイン酸塩、イミダプリル塩酸塩、テモカプリル塩酸塩等)
 ・アンジオテンシンII受容体拮抗剤(カンデサルタンシレキセチル、バルサルタン、ロサルタンカリウム等)
 ・フロセミド(チアジド系利尿剤、トリクロルメチアジド、ヒドロクロロチアジド等)
 ・アスピリン
 ・リチウム
 ・フルコナゾール
 ・フルバスタチン
 ・クマリン系抗凝血剤
 ・ワルファリン
 ・パロキセチン
 ・デキストロメトルファン
 ・制酸剤(アルミニウム製剤、マグネシウム製剤等)
当サイトに掲載されている各医薬品の詳細、有効成分、効果効能、用法、副作用、注意事項等の各種情報は、医薬品説明書や一般的な情報を記載したものです。正しい情報を提供するよう努めておりますが、その内容を保証するものではありません。当サイトに掲載されている医薬品を実際に注文・使用する際には、医師など専門家にご相談の上、ご自身の判断・責任で注文・使用してください。

コビックス(セレコックス) 購入者の声レビュー投稿

  • 満足度★★★★★44歳 男性

    以前、知人から肩が痛いときにセレコックスを飲んだらよく効いたと聞き、他の薬と一緒にこのコビックスを購入しておりました。先日ぎっくり腰になり、飲んでみたところ1時間後にいつのまにか痛みが引いており、杖をつかなければ歩けない状態だったのが、腰に手を当てれば歩けるくらいの状態に。とても助かりました。
レビューを投稿する

商品名

満足度

性別

年齢

レビュー内容

TOPに戻る