重要なお知らせ

エコスピリン(アスピリン)

エコスピリン(アスピリン) エコスピリン(アスピリン)
効果効能 痛風、片頭痛等の各種痛み止め
有効成分 アセチルサリチル酸
内容量 98錠
メーカー ユーエスブイ

エコスピリン(アスピリン)の詳細

エコスピリンは、ユーエスブイ社が開発したアスピリンのジェネリック医薬品で、腫れや痛みを和らげる鎮痛剤です。

主成分アセチルサリチル酸が炎症・発熱を引き起こす原因となる酵素(シクロオキシゲナーゼ)を阻害することにより、炎症を鎮め腫れや痛みなどの症状を抑えます。
また、血小板の働きを抑え血管内で血液が固まるのを防ぐ抗血小板作用を併せ持ちます。

その作用により、関節炎、痛風、片頭痛、生理痛、歯痛、腰痛、筋肉痛、打撲痛、神経痛、腎結石、尿路結石など様々な痛みに対する鎮痛剤として利用されています。

アスピリンの歴史は古く、紀元前400年頃までさかのぼります。当時はヤナギの樹皮を解熱鎮痛薬として用いており、このヤナギの木から主成分を取り出したのが19世紀のことでした。その後ドイツのバイエル社によって人工的に副作用の少ない成分の合成方法が確立、1899年にアスピリンとして販売され今日に至ります。

このように100年以上前に販売開始された医薬品ですが、アスピリンは今でもアメリカ国内だけで年間200億錠が消費されている大人気の鎮痛剤です。

アスピリンの鎮痛作用は様々な痛みに対し有効なため、常備薬としても非常に人気の高い医薬品です。
有効成分
アセチルサリチル酸
効果効能
痛風、片頭痛等の各種痛み止め
用法
通常1回200mg~500mgを1日1~2回食後に経口服用します。
副作用
胃痛、腹痛、吐き気、食欲不振など
注意事項
【併用注意】
 ・抗凝固剤
 ・クマリン系抗凝固剤
 ・ワルファリンカリウム
 ・抗凝固剤
 ・血液凝固阻止剤
 ・ヘパリン製剤
 ・ダナパロイドナトリウム
 ・第Xa因子阻害剤
 ・リバーロキサバン等
 ・抗トロンビン剤
 ・ダビガトランエテキシラートメタンスルホン酸塩等
 ・トロンボモデュリンアルファ等
 ・血小板凝集抑制作用を有する薬剤
 ・チクロピジン塩酸塩
 ・シロスタゾール
 ・クロピドグレル硫酸塩
 ・トロンボキサン合成阻害剤
 ・オザグレルナトリウム
 ・プロスタグランジンE1製剤、E1及びI2誘導体製剤
 ・ベラプロストナトリウム等
 ・サルポグレラート塩酸塩
 ・イコサペント酸エチル等
 ・血栓溶解剤
 ・ウロキナーゼ
 ・t-PA製剤等
 ・糖尿病用剤
 ・ヒトインスリン
 ・トルブタミド等
 ・メトトレキサート
 ・バルプロ酸ナトリウム
 ・フェニトイン
 ・副腎皮質ホルモン剤
 ・ベタメタゾン
 ・プレドニゾロン
 ・メチルプレドニゾロン等
 ・リチウム製剤
 ・チアジド系利尿剤
 ・ヒドロクロロチアジド等
 ・ループ利尿剤
 ・フロセミド
 ・β遮断剤
 ・プロプラノロール塩酸塩
 ・ピンドロール等
 ・ACE阻害剤
 ・エナラプリルマレイン酸塩等
 ・ニトログリセリン製剤
 ・尿酸排泄促進剤
 ・プロベネシド
 ・ベンズブロマロン
 ・乳酸ナトリウム
 ・解熱鎮痛消炎剤
 ・インドメタシン
 ・ジクロフェナクナトリウム等
 ・イブプロフェン
 ・ナプロキセン
 ・炭酸脱水酵素阻害剤
 ・アセタゾラミド等
 ・ドネペジル塩酸塩
 ・タクロリムス水和物、シクロスポリン
 ・ザフィルルカスト
 ・プロスタグランジンD2、トロンボキサンA2受容体拮抗剤
 ・ラマトロバン、セラトロダスト
 ・選択的セロトニン再取り込み阻害剤(SSRI)
 ・フルボキサミンマレイン酸塩
 ・塩酸セルトラリン等
 ・アルコール
当サイトに掲載されている各医薬品の詳細、有効成分、効果効能、用法、副作用、注意事項等の各種情報は、医薬品説明書や一般的な情報を記載したものです。正しい情報を提供するよう努めておりますが、その内容を保証するものではありません。当サイトに掲載されている医薬品を実際に注文・使用する際には、医師など専門家にご相談の上、ご自身の判断・責任で注文・使用してください。

エコスピリン(アスピリン) 購入者の声レビュー投稿

まだレビューはありません。

レビューを投稿する

商品名

満足度

性別

年齢

レビュー内容

TOPに戻る