重要なお知らせ

エクストラスーパータダライズ

4件のレビュー

エクストラスーパータダライズ エクストラスーパータダライズ
効果効能 早漏改善、勃起の促進
有効成分 ダポキセチン、タダラフィル
内容量 10錠
メーカー サンライズレメディ

エクストラスーパータダライズの詳細

エクストラスーパータダライズは、サンライズレメディ社が開発したプリリジー(早漏防止)+シアリス(勃起促進)のジェネリック医薬品で、スーパータダライズのさらに強力版です。

主成分の一つダポキセチンは、アメリカ泌尿器科学会において臨床試験が行われており、早漏防止の効果が認められています。
世界初の内服型の早漏治療薬として販売されており、ドイツ、イタリア、ポルトガル、イギリスなど、ヨーロッパの国々で認可されています。
日本でも2012年から厚生労働省の許可を得て輸入されています。
また、効果を発揮した後は速やかに体外に排泄されるため、ダポキセチンは安全性が高いとされています。

もう一方の主成分タダラフィルは、シアリスと同一の主成分で、陰茎の勃起を止めるPDE-5という酵素を阻害します。これにより陰茎周辺部の血管を拡張させ、血流量を増やすことで勃起を促します。
ただし、単に服用することで精力が増強されるのではなく、性的興奮を受けなければ効果は得られませんのでご注意ください。
また、シアリスのジェネリック医薬品でもあるエクストラスーパータダライズは、最大36時間にわたる長時間効果も持ち合わせており、勃起促進効果は長時間持続します。

まずは通常のスーパータダライズを利用した上で、もっと強い効果が欲しいという方に、こちらのエクストラスーパータダライズがおすすめです。
有効成分
ダポキセチン、タダラフィル
効果効能
早漏改善、勃起の促進
用法
1日1回性行為の1時間前に経口服用します。
睡眠導入薬やアルコールとの併用は避けてください。
出来るだけ空腹時に服用するようにし、食事をする場合は食前の空腹状態で先に服用し、食事は脂肪分の多いものを避けるようにしましょう。
副作用
頭痛、ほてり、鼻づまり、めまい、血圧の変動、動悸、頻脈、はき気、下痢、不眠、疲労感、視覚異常など
注意事項
【併用禁忌】
 ・硝酸剤及びNO供与剤(ニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルビド等)
 ・MAO阻害薬
 ・チオリダジン
 ・SSRI、SNRI、3環系抗うつ薬、その他セロトニンに作用する医薬品(Lトリプトファン、トリプタン、トラマドール、リネゾリド、リチウム、セイヨウオトギリソウ等)
 ・CYP3A4阻害薬(ケトコナゾール、イトラコナゾール、リトナビル、サキナビル、テリスロマイシン、ネファンドゾン、ネルフィナビル、アタザナビル等)

【併用注意】
 ・HIVプロテアーゼ阻害剤(リトナビル、インジナビル、サキナビル、ダルナビル等)
 ・α遮断剤(ドキサゾシン、テラゾシン等)
 ・降圧剤(アムロジピン、メトプロロール、エナラプリル、カンデサルタン等)
 ・カルペリチド
当サイトに掲載されている各医薬品の詳細、有効成分、効果効能、用法、副作用、注意事項等の各種情報は、医薬品説明書や一般的な情報を記載したものです。正しい情報を提供するよう努めておりますが、その内容を保証するものではありません。当サイトに掲載されている医薬品を実際に注文・使用する際には、医師など専門家にご相談の上、ご自身の判断・責任で注文・使用してください。

エクストラスーパータダライズ 購入者の声レビュー投稿

  • 満足度★★★★★22歳 男性

    スゴイこうかです。全くイケる気がしませんw
  • 満足度★★★25歳 男性

    効果も副作用もヤバイ!副作用を気合で乗り切れば超スゴイ!
  • 満足度★★★★★38歳 男性

    タダライズをいつも利用していましたが、前から気になっており酔った勢いでエクストラスーパータダライズを購入しました。私は通常時、挿入から2分と持たず射精してしまいます。典型的な早漏です。このエクストラスーパータダライズを服用して臨んだところ、かなりの長時間持ちました。時間は計っていませんでしたが、最低でも10分以上は持ったと思います。彼女をいかせることまではできませんでしたが非常にうれしかったです。大変満足しております。
  • 満足度★★★41歳 男性

    シアリス経験者で早漏防止薬は初めての利用です。シアリスの効果・早漏防止の効果は体感できましたが、逆に早漏防止効果が強すぎてイクことができませんでした。カッターで半分にしてみたら何とかイクことができましたが、やはり少し早漏防止効果が強い気がします。早漏の方にはちょうど良いかもしれませんが、私のように普通の人が服用したらイケないかもしれません。
レビューを投稿する

商品名

満足度

性別

年齢

レビュー内容

TOPに戻る